妊婦さん、妊娠中の便秘解消法は

妊娠すると体に様々な変化が現れ向き合うことになります。

妊婦さんの体の不具合で多いのが便秘です。

妊婦さんの便秘について気をつけたいことを紹介します。

妊婦さんが便秘になりやす原因は。

体内のホルモンバランスの変化のため
妊娠すると女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の増加します。
プロゲステロンは妊娠のため体が栄養を蓄えようとします。そうすると体全体の代謝が低くなり胃や腸などの筋肉の運動を低下させ、便秘を引き起こすのです。

子宮が大きくなってくるため
子宮の中で赤ちゃんが大きくなると、大腸が子宮を圧迫します。
腸が圧迫されると便がスムーズに進まなくり、便の水分が必要以上に吸収されてしまいます。子宮が大きくなるにつれて圧迫が強くなるので、妊娠週数が進むに連れて便秘がひどくなる人が多いようです。

妊娠による食生活の変化のため
妊娠初期はつわりによる体調不良で食欲がなくなり、とりあえず食べれるものを食べるという食生活になりがちです。また妊娠中は食の好みの変化が出てくる妊婦さんもいます。そのためうんちが出てくるのに必要な食物繊維や乳酸菌や水分が不足して便秘になります。

運動不足のため
妊娠中はお腹の中の赤ちゃんが気になり体を動かすのがおっくうになります。これまでのような運動もできないため、日常的に運動不足になってしまいます。腸の動きを促すような運動が減り便秘になってしまいます。


妊娠中の便秘を解消するための方法を紹介します。

食生活を便秘解消にいいといわれる食事をする。

水分補給をする
うんちが出るには水分が必要です。意識して積極的に水分を摂ることです。
一般的に言われてる健康の一つですが、朝起きたらコップ一杯の温かい水を飲みましょう。起きてすぐに水を飲むと、胃腸が刺激されて働きがよくなり便意をもよおす作用もあります。

乳酸菌の入った食品を摂る
乳酸菌は腸の働きを整えてくれます。食後にヨーグルトがいいでしょう。他には納豆、味噌、漬物、キムチなどの発酵食品にも多く含まれている食材を意識して食べましょう。

食物繊維が多く入った食材を摂る。
食物繊維はうんちのもとになるものです。
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、バランスよく摂りましょう。
不溶性食物繊維の多いもの
いんげん豆、あずき、えんどう豆、おからなどの豆類、とうもろこしや大麦、ライ麦などの穀類に多く含まれています。
水溶性食物繊維の多いもの
昆布などの海藻類、納豆や大豆などの豆類、こんにゃく、ごぼう、にんじん、、いちじく、洋ナシ、キウイなどに多く含まれています。

負担にならない程度適度に運動する
一般手にな便秘の解消には適度な運動が欠かせません。しかし妊娠中は体を大切にしなければいけない時期です。
日々の体調に合わせて無理なく適度な運動をしましょう。
医師やマタニティーの運動を実施しているところで相談して行動しましょう。