バナナうんちがでない人に、出す方法 バナナうんちがでない人に、出す方法 バナナうんちがでない人に出す方法

自分の健康状態をチェックできる方法の一つとして、うんちの状態を確認する方法があります。

ウンチの状態を、固い順に
コロコロの便、バナナのような形状の便、泥状態水の便に分けられます。

健康状態がいい時に出る便がバナナうんちといわれるものです。

バナナうんちは、水分含有率は約80%で長さ約10cm太さは約2cmひび割れのない状態のものをいいます。また黄色がかった茶色で、臭いの少ないうんちです。

健康的なバナナうんちがでない人は、腹部の不快感だけでなくにきびや肌荒れの美容で悩んでいる人も多いです。

そこで毎日の習慣からバナナウンチを出す方法を案内します。

食事はしっかり食物繊維を摂る

大便の中心となる食物繊維をとることです。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊維ばかりをとっていると、ウンチが固くなってしまいます。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の割合は2:1で摂ることがいいといわれています。

食物繊維といえば野菜ですが、野菜は主に不溶性食物繊維を多く含んでいます。

水溶性食物繊維の多い食品として、
海藻類(寒天、ひじき、めかぶ、わかめ、もずくなど)
果物類(キウイ、バナナ、りんご、レモン、かきなど)

不溶性食物繊維の多い食品として
野菜類(菜の花、たけのこ、トウモロコシなど)
豆類(いんげん豆、ひよこ豆、えんどう豆など)
いも類(マッシュポテト、さつまいも、こんにゃくなど)
きのこ類(エノキ茸、ししいたけ、しめじなど)

朝食を毎日食べること

朝食を食べることによって、腸が活動をはじめうんちを出す運動を始めます。

朝食を食べ終わったら余裕を持ってトイレに座る時間をとりましょう。

朝は忙しいということで便意があっても我慢をすると、便意が起こらない体になってしてしまい便秘になってしまいます。