腸内環境を整えてバナナうんちで健康に

自分の健康を自分で知る方法の一つとして自分のうんちです。

健康な人のうんちは、バナナのような形状で水分80%で他の20%は食べかすと腸内細菌、そしてはがれ落ちた腸粘膜です。

うんち1グラムの中に、約1兆個もの腸内細菌が含まれていると言われています。うんちの状態で、その人の腸内環境がわかります。

乱れた食生活や水分・食物繊維・脂質などの摂取不、不規則な生活やいろいろなストレスなどが原因で腸内環境が崩れた場合、体調不良や免疫力低下、肌あれなど心身にさまざまな影響があらわれ、うんちの形状にも変化がでます。

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌といわれるものがあります。

バナナのようなうんちは、腸内環境に善玉菌が優位で健康的です。

悪玉菌が多い場合は、硬くコロコロで、黒褐色の便です。便秘になりやくなっています。

また、うんちが軟らかすぎる場合も悪玉菌が多くなっています。

腸内環境が整っているかは、うんちを見て判断することができます。

腸内環境が整っていないと、肌が荒れたり、疲れやすかったり、口臭が強くなったりします。腸内環境が悪い状態が長く年続くと、大腸がんや動脈硬化などの病気を引き起こすともいわれています。

まずは食生活を見直して腸内環境を整える健康な枚に毎日を過ごしましょう。

食生活注目することは、
発酵食品や食物繊維を多く摂りましょう。
水分を補給を心掛けましょう。
朝食をしっかりと摂り、規則正しい食事時間にしましょう。

他には適度な運度をし、軽いい腹筋やウォーキングなど腹部への刺激で腸の動きを活発にしましょう。