便秘に即効性のある薬を求める場合

便秘が長期になると腹部の張りや痛み、また吐き気など病的な症状や肌荒れや口臭の強さなど対人関係にも影響のでるものもあり、早く便秘を解消したいと思っている人も多いです。

便秘を早く治したいということで、即効性のある薬を使って便秘を解消しようとする場合に気をつけたいことについて案内します。

排便というのは健康な身体であれば自然に便意をもよおします。

便秘ということで便秘薬を使うということは無理やり排便を起こさせるということです。

便秘解消には大きな効果を発揮してくれる便秘薬ですが、自然に便が出る体質にしてくれるわけではありません。

いろいろな便秘薬がありますが、効果や作用によってドラッグストアや薬局などで市販されている便秘薬は大きくわけて「刺激性下剤」と「機械性下剤」の2種類に分けることができます。

刺激性下剤は、
腸の蠕動運動(腸が便を移動させる運動)を促す効果のある便秘薬です。
即効性があり便通をもたらす効き目がすぐれています。
多用すると便秘に対して耐性がついてしまい効果が弱くなるという性質があります。

機械性下剤は、
便に水分を多くして柔らかい状態にしたり、便を膨らませて便意をうながす効果のある便秘薬です。
即効性がありませんが、多用しても便秘に対して耐性がつきにくいのでゆっくりと便秘を解消しようとする場合にはいいです。

便秘薬を服用する場合は、効果だけをもとめるのではなく、体に合わない副作用を感じる場合や便秘薬が効かなくなってくる場合もあることを想定してください。

便秘薬を多用するといくことは、腸の働きを無視して便をだすため、腸が便を出そうとする働きを阻害するものです。

食事生活や毎日の生活習慣を見直して、便秘薬なしでスッキリした排便ができるような体質にもどしましょう。