便秘が原因で肌荒れや体臭がきついのかも

便秘が続くと、肌荒れ、ニキビや肌の張りやツヤが無くなったりなどお肌のトラブルが起きてきます。

また、体臭や口臭まできつくなったように感じます。

便秘で腹部の張りや頭痛で体調がすぐれないのに、体臭まできつくなり周囲の人を不快にさせてしまうと思うと人に会うのが億劫になってしまいます。

便秘によって腸内にたまったうんちは腐敗して有害物質を出します。

うんちからの有害物質が血液に溶けて体内をめぐり、腸内だけの問題でなく、体の他の部分にも影響を及し、お肌が荒れたり、汗と一緒に排出されることで体臭となるのです。

便秘によって長時間うんちが腸内にたまると、腸内環境の悪玉菌が増えます。

排便が良好で善玉菌が多いときは、腸内で発酵が起こるので、身体に悪影響はありません。

悪玉菌が増えるということは善玉菌が少なくなることです。

腸内での善玉菌と悪玉菌のバランスは、悪玉菌よりも善玉菌が優勢であることが良いとされます。

悪玉菌の増加によって、便秘や下痢、強いニオイのおならやうんち、もちろん、お肌や体臭や口臭にも悪い影響をあたえます。

肌荒れや体臭が便秘便秘とは関係ないようにおもわれますが、腸内環境の悪化によって発生した有害物質やガスが身体中を巡っていることによって起こります。

お肌をキレイにするためにも体臭や口臭で人に嫌われないためにも、食生活や生活習慣を見直して、便秘を解消しましょう。