うんちがでそうで出ないときの解決方法

うんちが出そうだからトイレへ行ったのに、トイレで座っても出ないときはほんとにつらいですよね。

トイレで30分そして1時間と、どれだけ座っていても結局出なかったときは、1日中不快感がすごくて気分も落ち込んでしまいますよね。

まず、「もう少しでうんちが出そうなんだけど…」という時は、
ウォシュレットがあれば、肛門に温水をあてましょう。

温水でうんちを柔らかくするのではなく(普通の水圧では肛門内に温水は入りません)、肛門付近の筋肉の緊張をほぐすためです。

浴室のシャワーが使えるなら、裸になって肛門付近や腹部に温水のシャワーを当てて筋肉の緊張をほぐします。

温水シャワーをあててもうんちが出ないときは、一度トイレから出て、便意が強くなったらもう一度トイレへ行くのが一番です。

絶対にしてはいけないことは、無理に力むことです。

力みすぎると肛門が裂ける危険性があります。

また、座った姿勢で力むことで、血流に急激に無理なチカラを加わり、血圧が急上昇し、脳卒中を起こしてしまい、トイレで倒れてしまうこともあります。

うんちを出す時は力んでしまいがちですが、トイレで座っていてもうんちがが出ない時は、そもそも力んで出せるような状態のうんちでない場合もあります。

一度トイレから出て、筋肉をほぐすために肛門すぼめたりゆるめたりしましょう。

そして腹部のマッサージでおへそのあたりを手のひらでクルクルと回すようして緊張をほぐしましょう。

このようなうんちがでそうで出ない日は、意識して乳酸菌やオリゴ糖そして食物繊維の多い食品を食べましょう。