赤ちゃんのうんちがでない一週間くらい続いたら

生後間もない赤ちゃんは、一日に何度もうんちをします。

授乳のたびに、うんちが出る子もいます。

赤ちゃんも成長するにつれてうんちの回数が減ってきます。

生後2~3カ月くらいからうんちの回数が減ってくる赤ちゃんもいます。

そして、うんちが一週間以上も出ない、ということもあります。

生後間もない赤ちゃんで、飲んだらすぐうんちが出た、赤ちゃんも、成長するにつれて生後3か月くらいから、腸が発達して、消化吸収がよくなってきます。

母乳は消化吸収にすぐれているので、赤ちゃんの成長とともに残りカスが少なくなり、うんちの量も少なくなります。

また、腸のが発達でうんちを溜めて置くことができるようになるので、うんちの回数が減ってきます。

とは言っても、体の小さい赤ちゃんが「うんちが1週間も出ていない」のはママとしては不安になりますよね。

うんちが1週間も出ていない赤ちゃんの対処法を案内します。

水分をとる
大人も便秘になったら水分補給。赤ちゃんも母乳やミルクの水分だは足りていない場合があります。
白湯を飲ませて様子を見ましょう。

糖水を飲ませる
大人の便秘にはオリゴ糖という話もあります。
白湯に5%~10%の砂糖水を作りのませます。
離乳食になっている場合は、リンゴのような果物など水分量が多い食材をするおろし食物繊維の多い食材を食べさせてあげましょう。

マッサージ
腸の働きが弱いとうんちが出てきません。赤ちゃんの足を動かしたりお腹を優しくマッサージしたりしましょう。マッサージというよりは「さする」感じで。

やはり「赤ちゃんのうんちが出ない」ことで、ママが不安なら病院へ行ったほうがいと思います。
病院へ行くと、薬の処方だけでなく便秘ではなかったとしても育児相談でアドバイスをもらったりしてくれます。