便秘解消は市販の薬よりサプリがいいかも 便秘解消は市販の薬よりサプリがいいかも 便秘解消は市販の薬よりサプリがいいかも

うんちが出ないとき、ドラッグストアで買って便秘薬を飲む場合があります。
便秘薬なのでそれなりに即効性があり、うんちはでます。
しかし効きすぎて、お腹が痛くなったり下痢ぎみになったりする場合もあります。

サプリメントを選ぶ場合にはいろいろな種類があり、もどれを使えばいいかわからない?
サプリメントで効果があるの?という思いがあると思います。

サプリメントと便秘薬・整腸剤の違いは、サプリメントは食品で便秘薬・整腸剤は医薬品ということです。

便秘薬は下剤成分で、大きく分けると刺激性下剤と機械性下剤に分けられます。
刺激性下剤は、うんちの詰まっている腸に刺激を与え蠕動運動を引き起こす便秘薬です。
機械性下剤は、固くなってしまっているうんちの水分を増やして排便しやすくする薬です。

便秘薬はたびたび服用していると身体が便秘薬の効果効能に鈍感になり、強い便秘薬でなければ腸が反応しなkくなってしまう可能性があります。

便秘薬と同じように市販薬の整腸剤は腸内の細菌バランスを整え、徐々に便秘体質を改善することができます。
整腸剤の主成分はビフィズス菌や納豆菌などの様々な生菌(せいきん)です。

サプリメントは医薬品ではなく栄養補助食品です。
サプリメントは栄養補助食品ということで、足りない栄養を補うということです。

便秘解消のサプリメントは3種類に分けることができます。

乳酸菌サプリメント
乳酸菌サプリメントは、乳酸菌という善玉菌をふやし腸内環境が良くなり便秘の解消につながります。

オリゴ糖サプリメント
オリゴ糖は善玉菌のエサになる糖で、善玉菌をふやす効果があり、腸内環境を整え腸の働き良くして便秘を解消する効果が期待されます。

食物繊維補助サプリメント
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。水溶性食物繊維は水に溶けうんちの水分を増やすもので、不溶性食物繊維は水に溶けずにうんちの繊維として残るものです。
便秘を改善するには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を1:2で摂ることがいいと言われています。

サプリメントは強制的にうんちを出すのではなく、便秘体質を改善してくれます。
サプリメントも種類によって便秘への効果が違うで自身の便秘の症状にあったサプリを選ぶようにしましょう。